相互リンクがアクセスアップの相互リンクとは

現在位置:ホーム >相互リンクとは


Google では、PageRank という技術が採用されていますが

どの検索エンジンにおいてもページの重要度を判定し

ユーザーが入力したキーワードに対して最も関連性の高い結果を提供することが

検索エンジン共通の使命であり目的です。

そこで検索エンジンがキーワードに対して関連性の高いページかどうかを

判定する重要な要因となるのがリンクポピュラリティ(Link Popularity)と呼ばれるものです。

検索エンジンがウェブページの評価基準とする

リンクポピュラリティにはリンクの量と質が関係します。


あなたが他サイトのウェブページにリンクを張る際

そのウェブページは有用だ・優れていると思ったからリンクを張るように

リンクとは、そのウェブページに対する支持投票です。

そして検索エンジンは、この支持投票がたくさんあればあるほど

そのウェブページ、及びウェブサイトは良質であると判断するのです。

これがリンクポピュラリティの量に関係する部分です。


もう一方の質には、どのようなウェブページ(ウェブサイト)から

リンクを張られているかということが関係します。

質というようにリンクがたくさん張られていて評価の高いウェブページから

リンクを張られることの方が効果的であり

なおかつウェブページ(ウェブサイト)が扱っているテーマが関連していることが重要です。

たとえばウェブサイトの作成支援を扱っているサイトであれば

同じウェブサイトの作成支援の情報を扱っているといったように

テーマの関連するウェブサイトからのリンクが検索エンジンには重要視されます。


Google では、100 以上あるアルゴリズムの中で PageRank が代表される

重要な評価基準となっているように各検索エンジンにおいても

リンクポピュラリティがウェブページ(ウェブサイト)の評価を形成する指標の 1つとなっています。


アクセス解析やアクセスカウンターなどに noscript タグでキーワードが埋めこめられている

つまり noscript の中にアンカーテキストが埋めこめられている場合、以前は一方通行のリンクとして

ページランクも上がり上位表示出来たが、現在は、そうではありません。

被リンクの質が良い方がページランクを上げるのに必要な時代になっています

相互リンクならページランクも検索結果も自然と上がるでしょう。

例え、いかにもページランクを意識した人工的細工がみえみえな相互リンクでも、

質を重視した場合 Google や Yahoo! に認められページランクも検索結果も高いですが

現在、アルゴリズムの改善で修正されつつあるのは間違いないでしょう。


質の高いリンクとは?

1.Google や Yahoo! に権威のあるサイトとして認識されたサイトからのリンク

2.サイトのテーマの関連性が濃いリンク

3.一方通行のリンク

4.ページ上の発リンクが20から10くらい


PR

検索エンジン登録代行 ぽっちゃり コンタクト通販 ITコンサルティング ビジネスコーチング


相互リンクがアクセスアップ サイトマップ サービス(有料・無料)一覧表 ご挨拶 ご利用規約

分散&時間差テキスト広告掲載サービス 検索エンジン登録代行 HTMLコード最適化サービス

相互リンクとは yahoo (YST)とは Google情報 無料一行広告 SEO対策 SEO対策情報

優良サイトリンク集 検索エンジン1 検索エンジン2 検索エンジンリンク集 HP作成素材リンク集

リンクについて(リンクキット) 特定商取引法による表示 お問い合わせ

相互リンクサイト 新着サイト 更新サイト おすすめサイト ランダムジャンプ ヘルプ 新規登録 更新・削除